アジアン家具の魅力

アジアン家具の特徴

アジアンインテリアならではのリゾート感、癒しの効果…これらはチークや竹、籐、麻などの素朴な自然素材を使用したアイテムによって生み出されます。
大きな飾り棚やソファ、AVボードなどの素材を選ぶだけでもアジアンスタイルの部屋になります。
これらの家具は値段も手頃で、日本の家具とも相性が良いという利点があります。
ただし、長く使うためには乾拭きや埃払いなど、普段からのお手入れが大切です。
中国家具も魅力的なアイテムです。
重厚感がある中に知的さも感じられ、部屋に落ち着きと妖麗な雰囲気を与えます。
アンティーク家具は、個性的な形や独特の透かし彫りの美しさ、漆の朱色が部屋のアクセントになります。
また、ファブリックの使い方次第でアジアンインテリアは華やかさが増します。
柄の一部分を切って額に入れたり、薄手のものを吊るしたり、ダイニングテーブルのセンターに敷いたり…と、様々な使い方ができます。
タペストリーのように飾ってスポットライトや間接照明を当てると、立体感が生まれます。
雰囲気作りのためには雑貨も欠かせませんが、個性的なアイテムが多いため、詰め込み過ぎは禁物です。
数を少なくし、厳選することで、周りの家具とも調和が取れ、家具も引き立ちます。
また、家具同士は同じ色目、同じトーンで揃えた方が、すっきりと見えます。
間接照明やすだれ、葉の大きなグリーンも使って、アジアのリゾート地のようなやすらぎの空間を作りましょう。

アジアン家具の魅力って?

アジアン家具と聞くとスパリゾートやエステのイメージがあるという方も多いと思います。
アジアン家具は、バリ島などの島国を中心としたベトナムやインドネシアなどの東南アジア諸国などで製作された家具のことを指します。
アジアン家具の特徴には「リゾートテイスト」があります。
エステやスパにアジアン家具を利用しているのは、この家具がリゾートな雰囲気を出しているからなのですね。
また、アジアン家具は価格も比較的リーズナブルとなっています。
アジアン家具はラフで素朴、涼しげ。
まさにお家でリゾート気分を味わうことができる家具なのです。
家具に使用されている素材にはバンブーやマホガニー、ラタンなどが主になっています。
また、中には最高級を誇るチークを使用している家具もあります。
家具のトーンは、明るくポップなものではなくダークブラウンがほとんどとなっています。
アジアン家具を間近で見たことがある方はもうご存知かもしれませんが、アジアン家具はアンティーク家具などの北欧家具に比べると素材をそのまま使用しているのが分かる作りとなっています。
そのため、見た目も素朴でラフとなっているのです。
この家具が涼しげに見えるのは、使用している素材にバンブーが入っているからではないでしょうか。
亜熱帯気候の土地で作られた家具は、風通しもバツグンです。
また、バンブー素材はいつも涼しく見えるため夏になると人気を集めますよね。
日本人が落ち着くような家具になっています。

アジアン家具は、家具屋さんでも見かけます。
最近ではオンラインショップでも購入することができるので、いつどこに居ても好きなときに家具を購入できるのです。
家具屋さんに実際に行くと、素材の持っている味がその場で分かり、家具のサイズも分かりやすいメリットがあります。
オンラインショップは、近所に気に入ったアジアン家具を置いているお店がなくてもチェックできるというメリットがありますね。
インテリアが好きという方であれば、遠くのショップでも出かけてしまうと思います!全国には素敵なアジアン家具を置いているショップもたくさんあるので、お気に入りの家具だけではなくお気に入りのショップを見つけてみるのも良いかもしれません。
家具とそろえたいのが、アジアングッズや雑貨ですね!こちらは通販を利用すると便利ですよ。
ショップによっては、一定の価格以上で送料が無料になるのでぜひ利用してみてください。
これからの季節、涼しげに見えるアジアン家具はオススメの家具です!