カントリー家具の魅力

カントリー家具の魅力

家具やファッションの流行り廃りは当たり前のことですが、その中にあってもいつの時代も愛され続け、根強いファン層を持つのが、「カントリー家具」と呼ばれる家具たちです。
海外のテレビドラマシリーズや映画の影響によって、日本でもカントリー家具は多くの家庭で見られるようになりました。
カントリー家具の起源は、開拓史時代のアメリカに遡ります。
移民達は、故郷イギリスの家具を基礎として、自らが生活の中で使うために、装飾の少ない、素朴な風合いを持つ家具や木工品を創り出しました。
素材には、主に建材として用いられたアメリカ自生のパイン(松)材が使用されました。
この素材は入手しやすいことに加え、比較的柔らかく、特に職人芸を持たない開拓民にとって、作業がしやすかったのでしょう。
カントリー家具は建材特有の節があり、決して豪華な見栄えではないものの、その素朴さが温かさを醸し出しています。
なだらかな曲線を描くデザインが生みだす暖かみのある雰囲気と、ラフで素朴な印象、そして白木にオイルで塗装した自然なイメージも持ち合わせています。
また年を重ねる毎に味が増し、さらに価値が出てくることも特徴です。
傷がついたり、色落ちしてしまっても、繰り返し補修できるところは、カントリー家具の大きな魅力の一つでもあります。
木の優しさを生かしたカントリースタイルの家具は、ゆったりとした時間を過ごすのに最適な一品となってくれるでしょう。