狭い部屋のインテリア

狭い部屋のインテリア

日本の住宅は昔から「ウサギ小屋」などと欧米から揶揄(やゆ)されるほど狭いです。
土地の広さや家全体だけでなく、各部屋も収納スペースも十分な広さを確保するのも難しいのが現状です。
狭い部屋をいかに「広く見せる・使う」ために、空間を最大限に生かす工夫と、極力、無駄なものを処分し整頓することが先決です。
好きなインテリア家具を、ただ配置していただけでは色や機能性にもまとまり感がなくなります。
常にキチンと片付けた状態がベストで、インテリアは必要なもの以外は置かず、床を多く見せることが広く見せるコツです。
その他にも鏡を壁に置くことによって、さらに奥があるよう、広く見せることができるといいます。
また、視覚効果で「人は部屋に入った瞬間に一番奥を見る」という習性があるので、奥の壁やコーナーが暗いと圧迫感があり、部屋が狭く見ることにつながります。
奥の壁やコーナーに柔らかな光の照明を置くこと、で空間に広がりを持たせることができます。
色にもそれぞれ感じるイメージがあります。
その色の使い方によって部屋が広く見えたり暖かく見えたりします。
白は部屋を最も広く、高く見せることができ賃貸住宅にも多く利用されている色です。
コーディネートする上でも、いろいろな色を使いすぎると落ち着かない部屋になりますので、例えば、広く見える白をベースカラーとすると、あとはポイントとなる色、2〜3色に抑え、トーンを統一にするのも、部屋もすっきりまとまります。