インテリアで生活を楽しくする

インテリアで生活を楽しくする

インテリアとは内装のことです。
建物の内部を装飾するという意味です。
反対に建物の外観を装飾することはエクステリアと言います。
エクステリアはそれほど一般的に知られている言葉ではありませんが、インテリアは非常に一般的です。
インテリアを取り扱った雑誌はたくさん書店に並んでいますし、「インテリアの○○」という名前のお店はたくさんあります。
それだけインテリアに対する関心が高いということですね。
女性は特にインテリアに関心が高いと言われています。
自然界でも動物のメスは巣を守る習性があるので、人間の場合も女性のほうが住んでいる家に対しての関心が高いというのは生物学的なお話です。
インテリア関連の雑誌や本を見ても、明らかに女性をターゲットにしているようものが多く、インテリアは女性向けのマーケットと言って良いでしょう。
インテリアというと大掛かりな部屋のリフォームのようなものを想像されるかも知れませんが、内装に何らかの工夫や自分なりの主張があればそれは立派なインテリアです。
例えば、女性は家の模様替えが好きですよね。
ちょっと時間があると気分転換のために模様替えをしてみたりするのは珍しいことではありません。
家の中にあるものが特に増減しているわけではありませんが、配置を変えるだけでずいぶん気分は変わるものです。
そういう意味ではお部屋の模様替えも立派なインテリアです。
自宅の場合は毎日自分が目にする空間ですから、インテリアはとても重要です。
雑然とした風景を毎日眺めていては殺伐とした気分になるものですが、太陽の光がさんさんと差し込む明るく片付いた部屋なら気分も爽快になります。

このようにインテリアは人間の心理状態にも深く影響を及ぼします。
単に居住空間があればそれで良い、というものではないことが分かります。
インテリアの方向性としては見た目が美しいことも当然大切です。
毎日目にする風景は汚いよりキレイなほうがいいに決まっています。
ですが見た目ばかりにこだわっていて機能性を損ねてしまうと生活するのに不便です。
美しさや機能性が両立されてこそ初めて優れたインテリアと言うことが出来ます。
またインテリアはファッションと同じで、自分を主張するツールでもあります。
自分なりに主張したテーマがあるのなら、それをインテリアで表現すると自分にとって家がとても快適な空間になります。
毎日の生活に追われるよりは、毎日の生活を楽しみたいものです。