インテリアと生活と実用性

インテリアと生活と実用性

インテリアは非常に奥が深く、内容も多岐に渡るものです。
そのため、一般の素人にとっては自分の部屋を凝ったインテリアにしようと思うのが精一杯です。
ですがインテリアはそこに住む人の生活に密接に関係しているので専門的な知識やアドバイスが必要になります。
そこで、インテリアにはインテリアの専門家が必要とされるようになりました。
職業としてはインテリアコーディネーターと呼ばれる人たちはこんなインテリアの立案やアドバイスを職業としています。
職業としているだけあって、クライアントの要望を聞いて、そのクライアントが求めている室内環境を作り出すことに関してはプロです。
当然ながらインテリア雑誌に登場する美しいインテリアは全てこれらインテリアコーディネーターというプロの手によるものです。
要求された室内空間を作り出すこんなインテリアコーディネーターの仕事に憧れる人は多く、インテリアの専門学校は日本全国にあります。
憧れのインテリアコーディネーターになるにはどんな勉強をして、どんな経験を積めば良いのでしょうか。
まず、何も知らない状態からインテリアコーディネーターを志すのであれば、インテリアについての基礎から学ぶ必要があります。
先ほど申し上げたように、インテリアの専門学校はたくさんありますから、その中から自分に合っている学校を選んで入学することから始まります。
専門学校はおおむね2年間ですから、2年後は関連の職業に就職することになります。
インテリアのデザイン事務所や建築士事務所、リフォーム業者、ハウスメーカーなどが主な進路となります。
これらの就職先は業種こそ違っていても最終的に関連する仕事をしているので、どこに入ったからと言って有利不利になることはありません。
インテリア業界に入ると、すでに先輩のインテリアコーディネーターが活躍しているはずです。
ほとんどの人が同じことを言いますが、入ってみると想像していたよりも地味で地道な仕事だということに気づくそうです。

確かにドラマや漫画に出てくるインテリアコーディネーターは脚色されすぎな感がありますから当然かも知れませんが。
その中で力を付けた人は独立してインテリアデザイン事務所を立ち上げるも居ます。
やはり自分の思っているインテリアデザインを誰にも気兼ねすることなく表現したいという思いがある人は独立志向が強いようです。
力があればそれが可能な世界でもありますから、夢のある仕事というのは間違いありません。