インテリアと風水の関係

インテリアと風水の関係

インテリアは見た目や機能性だけで決まるものではありません。
特に気にしないという人ならそれでも良いのですが、縁起を担ぐ人や商売をしている人などは、インテリアの配置によって運気を良くしたいと考えてそれをインテリアに採り入れる人が少なくありません。
インテリアを考える際に最も関係がありそうなのが風水です。
風水とは中国の古い思想で、物の位置を工夫することにより、「気」の流れを良くするという考え方です。
この「気」は中国では龍に例えられ、龍がちゃんと通ってくれるところには福が訪れるとされています。
中国本土は占いなどの行為が禁じられているので、表向きはあまり見ることはありませんが香港や台湾など信教が自由な地域では現代でも盛んに行われています。
これは有名な話ですが、香港の中心部には2つの大きなビルがあり、それぞれが香港系の大手銀行と中国系の大手銀行です。
この2つの銀行はライバルであると同時に中国共産党系と香港資本系という敵対関係にもあり、お互いが非常に意識し合っています。
その結果、本社ビルの形が自分のところにだけ龍を呼び寄せる形状になっています。
香港の風景写真を見ると中心部に三角形の変わったビルと、その正面には真ん中に穴が開いたビルを見ることが出来ます。
これは大手銀行がお互いに風水によって相手を不幸にし、自社を幸福にしたいという願いが込められた結果だそうです。
インテリアは自分の家の中だけの話ですが、家具や窓の向きなどをちょっと工夫するだけで運気が良くなると聞いたら、やらないよりやったほうがいいという気になります。
例えばインテリアの色。
明るい赤やオレンジ色などは「陽のエネルギー」を高めるとされ、反対に青や緑は「陰のエネルギー」を高めるとされています。
陰陽それぞれのバランスが取れていることが風水では良いこととされているので、インテリアの色使いにおいて参考にしてみてはいかがでしょうか。
次に方角。

風水では西の方角は気が出て行く場所とされているので、西向きに窓があるのは良いこととされていません。
ですが窓の位置まで変えることはインテリアでは出来ません。
そこで西側に窓がある場合はそこに黄色のものを置くと運気が逃げ出すことを防げます。
他の方角に窓がある場合は積極的に開放して気を取り入れましょう。
他にも風水によるインテリアはたくさんの要素があるのですが、スペースの都合で全てはご紹介できませんでした。
その中でも一番大切なことを最後に述べておきたいと思います。
それは部屋をキレイに整理された状態で保つこと。
これは精神的にも良い効果がありますが、風水の「龍」も同じなのです。