川崎市 借金返済 弁護士 司法書士

川崎市に住んでいる人がお金・借金の相談をするなら?

多重債務の悩み

川崎市で多重債務や借金などの悩みを相談するならどこがいいのか、迷っていたりしませんか?
どうせ相談するなら、優秀な司法書士・弁護士が相談にのってくれる法務事務所・法律事務所を選びたいですよね。
ここでは、ネットで無料相談が出来る、おすすめの法律事務所・法務事務所を紹介しています。
川崎市の人もOKですし、相談は無料でできるので安心できます。
いきなり直接相談するのはちょっと不安、とりう人にもオススメです。
債務・借金返済の問題で困っているなら、まず弁護士や司法書士に相談して、解決への道を探しましょう!

川崎市に住んでいる人が借金や債務整理の相談をするならココ!

弁護士法人サンク総合法律事務所

サンク法律事務所

川崎市の借金返済問題の相談なら、こちらがおススメです。
弁護士が対応してくれて、しかも全国対応の弁護士事務所です。
初期費用が無料だから、今の手持ちがなくても安心です。
弁護士代金の支払いは、分割払いもOK。
相談料金はもちろん0円!
借金取り立てのストップも可能です。
過払い金、任意整理、個人再生、自己破産、など、債務の悩みについて無料相談することができます。
しかも、無料相談窓口では365日24時間、いつでも受付してくれます。
フリーダイヤル(電話料金無料)で相談受付してくれるので、借金返済で困っている方も今すぐ電話受付ができます。

弁護士法人サンク総合法律事務所
サンク総合法律事務所、電話
弁護士法人サンク総合法律事務所

↑↑↑↑↑
借金の悩みは今すぐ!24H電話受付☆



アヴァンス法務事務所

アヴァンス法務事務所

(とくに女性におすすめ)
全国に対応している、債務や過払いの悩みを相談できる法務事務所。
任意整理、自己破産、個人再生など、あなたにピッタリのやり方で、どうにもならない借金問題を解決に導きます。
それと、過払い金の返還請求は、初期費用0円、戻ってきた過払い金から精算できます。
任意整理でも、和解成功報酬・減額報酬などは一切取らないため、お得に解決できます。
債権者の数が1、2件でも対応してくれるのもありがたいです。
女性専用の相談窓口(借金返済相談)も用意されているので、女性の人も安心して相談できることでしょう。
まずはお気軽に無料相談からどうぞ。

アヴァンス・レディース
アヴァンスレディース

↑↑女性はコチラ↑↑
女性スタッフが丁寧に対応する、女性専用・相談窓口です。

アヴァンス法務事務所
アヴァンス法務

↑↑男性はこちら↑↑



司法書士法人みつ葉グループ

司法書士法人みつ葉グループ

こちらも全国に対応している司法書士事務所なので川崎市に住んでいる人も大丈夫です。
こちらの司法書士事務所は、テレビやラジオへの出演、雑誌などでの執筆など、メディアにも多数取り上げられています。
人情派の司法書士と呼ばれることもある代表の島田雄左司法書士は、大好きな映画「君の名は。」を映画館に6回も観に行き、毎回号泣してしまうほど涙もろい人柄。
債務整理の料金は分割払いが可能なので安心です。
家族や職場に悟られないよう配慮も徹底してもらえます。
借金返済の問題は、ひとりで悩まず、まずは気軽に無料相談してみませんか?

司法書士法人みつ葉グループ
司法書士法人みつ葉、電話
司法書士法人みつ葉

↑↑↑↑↑
人情派の司法書士へ無料相談



弁護士へ相談前の注意



川崎市近くにある他の司法書士・弁護士の事務所紹介

他にも川崎市には法律事務所・法務事務所があります。これらも参考にしてください。


●神奈川法務事務所(司法書士法人)
神奈川県川崎市中原区小杉町3丁目29
044-739-5567
http://kanahoh.co.jp

●小山稀世・小山明子司法書士事務所
神奈川県川崎市川崎区宮前町8-15
044-211-2811
http://koyamaoffice.com

●関根事務所(司法書士法人)
神奈川県川崎市高津区溝口2丁目14-3
044-844-6400
http://law-japan.com

●K&S司法書士事務所
神奈川県川崎市川崎区宮前町8-18 井口ビル1階
044-222-3210
http://ks-shihou.jp

●司法書士小串事務所
神奈川県川崎市川崎区砂子2丁目8-1 シャンボール川崎砂子702
0120-313-442
http://saimuseiri-ogushi.com

●吉岡司法書士事務所
神奈川県川崎市川崎区砂子1丁目4-2 小島ビル2F
044-221-5485
http://y-shihou.com

●司法書士川崎リーガルオフィス
神奈川県川崎市川崎区宮本町2-27
044-201-6836
http://kawasaki-legal.com

●溝淵司法綜合事務所(司法書士法人)
神奈川県川崎市中原区新丸子町915-20 三井生命ビル 6F
044-711-3431
http://mizobuchi.com

●槙尾三也子司法書士事務所
神奈川県川崎市川崎区宮前町8-19 TKビル 2F
044-233-5103
http://netyou.jp

●後迫司法書士事務所
神奈川県川崎市川崎区榎町1-8 ニッコービル 2F
044-233-8763
http://ushirosako-office.com

地元川崎市の弁護士・司法書士の事務所に行き、直接相談するのもよいと思います。
ただ、いきなり直接相談するより、ネットからの無料相談や「診断シミュレーター」の方が、気負わずに相談できるのではないでしょうか。

借金返済問題に川崎市在住で困っている状態

キャッシング業者やクレジットカードの分割払いなどは、かなり高い金利がつきます。
15%〜20%も利子を払わなければなりません。
住宅ローンの利子は年間0.6%〜4%くらい、自動車のローンの場合も年間1.2%〜5%ほどなので、ものすごい差があります。
さらに、「出資法」をもとに利子を設定している消費者金融だと、利子0.29などの高利な金利をとっていることもあります。
尋常ではなく高い利子を払い、しかも借金は増えるばかり。
お金を借りたのは自分の責任なので仕方ありませんが、額が大きくて高い金利となると、返済は難しいでしょう。
どう返済すべきか、もう当てもないのなら、法務事務所・法律事務所に相談してみてはどうでしょう。
司法書士・弁護士ならば、借金を返す解決策を考え出してくれるでしょう。
長期計画での返済になるかもしれないですし、過払い金を請求して返す額が減るのかもしれません。
まず相談する、これが解決のための始めの一歩です。

川崎市/債務整理のデメリットとは|借金返済

債務整理にも多くの方法があって、任意で業者と交渉する任意整理と、裁判所を介す法的整理である自己破産、個人再生等のジャンルがあります。
ではこれらの手続きにつきどんな債務整理デメリットがあるのでしょうか。
これら3つの方法に共通している債務整理の不利な点とは、信用情報にその手続をした旨が載る点ですね。俗にブラックリストという状態です。
すると、おおよそ5年〜7年くらいの間は、カードが創れず借入れができない状態になったりします。しかし、あなたは支払に苦しんだ末にこれらの手続をするわけだから、もうちょっとは借入しない方が良いのではないでしょうか。じゃカードに依存している方は、逆に言えば借入れが不可能になる事によって出来ない状態になる事によって救われるのじゃないかと思います。
次に個人再生若しくは自己破産の債務整理デメリットですが、官報にこれ等の手続きをやった事実が記載されてしまう事が挙げられます。だけど、あなたは官報等読んだことが有りますか。逆に、「官報とは何」といった人の方がほとんどじゃないでしょうか。
実際、官報は国が作るする新聞のようなものですけれども、消費者金融等々の極わずかな方しか目にしません。だから、「自己破産の実態が周りの人に広まる」等といった心配事はまずないでしょう。
最終的に、破産特有の債務整理の欠点ですが、一遍自己破産すると七年の間は2度と破産できません。これは注意して、2度と破産しなくてもよいように心がけましょう。

川崎市|自己破産をしないで借金問題を解決する/借金返済

借金の返済が大変になった場合は自己破産が選ばれるときも在ります。
自己破産は返済できないと認められると全借金の支払が免除されるシステムです。
借金の苦しみから解き放たれることとなるでしょうが、長所ばかりじゃありませんので、安易に自己破産する事は回避したい所です。
自己破産のデメリットとして、まず借金は無くなりますが、その代り価値の有る資産を処分する事になります。家などの財があるなら相当なハンデといえるでしょう。
なおかつ自己破産の場合は職業又は資格に制限が有るから、職業によっては、一定時間の間仕事出来ない状況となる可能性もあるでしょう。
そして、自己破産しなくて借金解決をしていきたいと思う人もいらっしゃるのじゃないでしょうか。
自己破産せずに借金解決をする手段としては、まずは借金を一まとめにし、もっと低利率のローンに借り換えるという方法も在るでしょう。
元金が減るわけじゃありませんが、金利の負担が少なくなる事によりさらに返金を今より楽にする事ができます。
その外で自己破産しないで借金解決をしていくやり方としては民事再生、任意整理が有るでしょう。
任意整理は裁判所を介さずに手続きをすることができて、過払い金が有る時はそれを取り戻すことができるでしょう。
民事再生の場合はマイホームを維持したまま手続きが出来るので、定められた額の収入があるときはこうした手口を利用し借金を減額することを考えてみると良いでしょう。