インテリアの演出で物を置かない

インテリアの演出で物を置かない

心から大切に思える家具やモノに出会えるまで決して妥協をしない、「コレは要らない」宣言をして潔く暮らすことをお薦めします。
くつろぐならソファ、団らんにはダイニングセット、おもてなしのティーセットにはカップボード…という具合に、暮らしのシーンと家具を結びつけて考えていると、人のためではなく家具のために部屋があるような本末転倒の結末に。
居心地の良い部屋って何?
その原点を見失ってしまいます。
また、モノに占有されないためには、自分の居場所をきっちり決めることです。
居場所を明らかにするのに、床の素材に関わらず、床にラグを広げることがお薦めです。
部屋の広さにもよりますが、ラグの大きさは畳1枚分くらいは欲しいところ。
畳サイズより少し大きめの140cm×200cm前後のものが市販されており、このサイズなら寝ころんでも周囲に余裕が残ります。
床に広げたラグの上には椅子やソファを置かず、床としていつでも使えるようにします。
ここで身体を横たえたり座ったりしますが、ここだけは絶対に散らかさない場所に。
本や雑誌を読んだりCDを聴いたりお茶を飲んだり、くつろぐとともに置かれるモノは、出掛ける前や寝る前、友人が来る前に必ず片付ける。
ラグのある場所を中心に片付けるルールは、次第に清々しい習慣になっていくはずです。
まずは自分の好きな居場所からすっきり!を実感する。
それも新生活の一つではないでしょうか。