インテリアコーディネーターの仕事

インテリアコーディネーターの仕事

インテリアコーディネーターは、さまざまな顧客の要望に応えて室内のレイアウトや内装材、家具、照明などを選び、「快適な住空間」を創造するインテリアのスペシャリストです。
住宅構造、インテリア構成材、室内環境、インテリア基礎、インテリア計画、表現技法、関連法規などの試験、論文など2次にわたる民間資格の取得が必要となります。
建築関連の知識や経験が必要であり、その他にも建築家との渉外業務などにも行なうことがあります。
インテリアコーディネーターは、建築士や現場監督、施主などたくさんの人と関わりながら、ひとつひとつ仕事を遂行していきます。
そのために交渉力や協調性も、経験が必要となります。
つまりインテリアコーディネーターは「人間関係のコーディネーター」でもあるわけです。
消費者の予算や理想にあったものを選び、快適な空間を作る他にも、リフォーム相談、ヒアリングと現場調査、契約、工事打合せと発注業務、工程管理と工事管理、完成引渡しとアフターフォローなども主な業務となります。
現在は生活スタイルに「個性」が求められる時代。
自分が住む空間に強いこだわりを持つ人が増え、たいていの人は住空間への憧れがあります。
ファミリー層、富裕層、高齢者、障がい者…と、それぞれでニーズも趣味も異なり、多様なパターンが求められます。
それぞれの要望を具体的な形にし、お客様の満足が得られる住空間に導くのがインテリアコーディネーターの役割です。