アンティーク家具の魅力

アンティーク家具の魅力

ヨーロッパでは古くから、家具は単なる生活用具としてではなく、わたしたちの想像の及ばない程の強い愛着を持って扱われてきました。
20世紀以前に丁寧に作られた家具でも、手入れをしながら50年・100年と大切に使われ続けています。
それらは決して人工的に再現できない風合いを持ち、前所有者の想い出や過去の生活習慣など、永久に蘇ることのない「過去」を覗かせてくれます。
長い年月を一人のオーナーによって所有され、何も手を加えられずに市場に現われる本物のアンティーク家具は、今や殆どありません。
運良く欧米のショップで見つかっても大変高価です。
近年日本では中古家具を少し直してアンティークとして売られていますが、本場イギリスではそのような家具は中古家具、復古家具と呼ばれています。
また、主に明朝〜清朝、中華民国時代に作られた中国アンティーク家具も注目されています。
原型をとどめ高級材を使用した厳密な意味でのアンティークは非常に少なく、現在は中国国内からの輸出も禁止されているため、一般に中国アンティーク家具とは保管状態のよい物を熟練した職人が修理した物を指します。
2〜300年前の旧家を解体し、丈夫な柱や梁から復元された家具は「古木復元」と呼ばれます。
アンティーク家具の価値を見分けるには知識と経験が非常に重要です。
良く勉強し、丁寧な仕入れをしている店のオーナーからは、質問すればその家具に関して詳しい説明が聴けるでしょう。